HOME > ふぇいすブログ > アーカイブ > 成績アップのコツ

ふぇいすブログ 成績アップのコツ

不屈の闘志!

不屈の闘志とは、この木のこと。

切っても切っても切っても切っても復活してきよる。

しかもめっちゃ成長が早い!


ふぇいすのホームページには、この木を使ったきれいな写真があるけれど、

実はこの木、勝手に生えてるだけ。(HPのトップページを見てね)


自転車をとめるのにじゃまになるので、またしても切ってやったぞ。

おそらく、来月にはまた復活していると思う。


こじつけやけど、この木のように根性出そうぜぃ!

勉強は急にはできるようにならんからね。継続が大切!!


期末テストが近づいています!

5月も半ば!

ふぇいすのあじさいも、かわいい花をつけてます。

梅雨が目の前ですが、期末テストも迫ってきたぞ!

中学1年生のみなさんは、初めての定期テスト。

準備は大丈夫かな?


定期テストって範囲も決まっているので、ある程度は

「なんとかなる」っと思っている人も多いはず。

けれども、実は「普段から実力をつける勉強をしているかどうか」がとても大切。

そういう人は、定期テストはもちろん実力も身に付いている。




勉強には「やり方」がある。魔法はないけど、「やり方」がある!

入試には期限があるので、できるだけ早いうちに「上手な勉強方法」を身に付けよう!

特に中学1年生は、今がチャンス(伸ばす期間がたくさんあるから)。

まっとうな塾で、がっつり実力を上げていこう!!


計算自慢

計算を暗算でするクセがなかなか抜けない・・

「自分は暗算でできる!」って自慢気・・オイオイ・・


先生は板書の時、計算を細かくていねいに書いている。

どうもこれは「先生は暗算ができないから」っと思っているフシがある。


「暗算でちょっとだけ早くやって、結果、バツ」と、

「計算式をちゃんと書いて、マル」と、どっちがいい?


暗算自慢の生徒は、おもしろいように間違う。


いい加減に、先生の忠告をききなさい!

面倒くさいだけやろう!

ただし、先生たちは暗算を使うところは使っているけどな!


都道府県を覚えよう!!

りんごは好き?

りんご生産量日本一は、ご存じ「青森県」

なんと全体の60%も作られているらしい。すごい!

大阪府は1%もない(少しは生産しているらしい)。


生産ランキングは、インターネットですぐに調べられるので、

自分の好きな作物を調べてみて。君が今食べている物でもいいから。


調べてみると、その作物は暖かいところで作られているのか、寒いところなのか、いろいろわかってくる。

それに都道府県を覚えることができるよ。


中身が大事!


パンケーキは好きですか?

私は大好き。

が、パンケーキにもいろいろな種類がある!

私はある程度中身が詰まったものがいい。

最近流行りのフワフワのはイマイチかなぁ・・



ということで、無理やりだけど、宿題のやり方がフワフワの人が多い!

解答欄が埋まっていればそれで終わり、という人は伸びません!!


いつも私が話している通りに宿題をしてください。

絶対に伸びますから。ほんまに伸びるから。絶対やで。


習慣にするのが得策!






















単語を覚えると英語の点数に直結する。

けれども単語を覚えるって、だるい!


そこで、アプリを使わない手はない。

ただ、アプリは脳への刺激が軽い!


なので、毎日繰り返しやる。習慣にする。

そうすると、ついには覚えてしまう。


「通算ログイン日数」1000日達成記念!


ふぇいす高校生科(FHS)で、一緒に勉強しよう!!


自習室

現在、自習室には4人の高校生が入っています。

みんな集中しているなぁ。多少なりとも成長したのかな・・・

まぁ高3生は模試の結果が怖いのだろうけどねcoldsweats01


自習室って少し人がいる方が集中できてしまうもの。

その調子で、みんなで一緒にがっつり実力をつけよう!


大学受験の勉強は本当に腰をすえてやらないと全く伸びない。

特に英語!文法力を最大限に使って、語句の練習も何度も何度も繰り返してね。


コロナがまたすこーし増えてきているので、感染にも気をつけよう!


宿題は、分けてやろう!

毎回出される宿題は、分けてやっていますか?

特に、ゴールデンウィークのような時は、いつもより少し多い目に出ているのですが、

塾の前日にいっぺんにやっていませんか?

そんなことをすると、ずいぶん前に習った事なので・・・

「全然わからへん・・」「量が多くて寝られへん」なんてことに。


保護者の方々には、

「なんで塾に行ってるのにわかれへんの?」

「睡眠時間は大切なのに、宿題が多すぎじゃない?」という、恐ろしい誤解が生まれます。

だ・か・ら、分けてやるのです。やらなければなりません!


新しい事を習った後すぐに、少しでもやっておくと記憶がつながります。

つまり問題が解けるようになります。(やらないと実力はつきません)

そして、分けてやることで塾通いがスムーズにいきます。

つまり継続して勉強することができる=成績が上がるスタートの位置につけるのです。


塾生のみんなは、普段の生活のスケジュールに塾の宿題を(分けて)入れてください。


あ、高校生は分けてやるとかではなく毎日勉強してくださいね。




faithテスト会の使い方!


4月のfaithテスト会の結果が返って来ました!

模擬テスト結果が返ってきたら、どんなことをしていますか?


「個人成績表」を見るだけで終わっていませんか?

そして「個人成績表」のどこを見ていますか?

さらに、その後、どうしていますか?


☆今回は、テスト会(模擬テスト)の本当の使い方を書きますflair


①偏差値を見る。そして右にある得点度数分布表も。

塾内順位などは無意味です。全体の生徒の中での自分の位置を確かめる。

②次はできていないところ(弱点)を確認。

そして同封の問題集でそれ(弱点)を克服する!

③解けない問題や、わからないところがあれば塾に持ってきて質問。

次にその問題が出題されても、確実にできるようにしておこう!


こうして、テストごとに実力をつけるようにしてください。個人成績表の塾内順位だけ見て、

あとは封筒の中に入れっぱなし・・ということはやめましょう!

テスト会は一つのチャンスなのです!成績アップの重要なツールですよ!!


高校生の勉強(その2)

高校生の場合、小中学生と大きな違いは、

基本的に自分の勉強方法を確立していないにもかかわらず、勉強方法についてわがままなことです。


大学受験の結果をしっかり出している生徒は、勉強方法にあまりこだわりがなく、

こちらからの助言をしっかりと守って着実に勉強していました。


一方「できない」ことをあげつらって、常に何かのせいにしている生徒は、

成績は伸びません。


高校生の実力に格差が大きいのは、こういうことも一つの原因かもしれないです。


これって人生全般に当てはまることですよね。深いわー


ということで、ご相談、お待ちしております!



12345

« 英語 | メインページ | アーカイブ | いろいろつぶやく »

TOPへ