HOME > ふぇいすブログ > 6ページ目

ふぇいすブログ 6ページ目

のぼり!

「のぼり」が届いた!

思ってたより大きいわ!

なんかちょっと気恥ずかしいなー


では、気を取り直して、、

成績を上げたいと思う生徒、募集しまーす!

一緒にがんばろう!

同じ目標に向かって頑張りたい先生たちが待ってるよ!


色めいてきた!


この間まで白かった花が、だんだんとピンク色になってきた!


生徒の皆も日々勉強を続けて、立派になってくれ!

続ければ必ずそうなる。続けないと絶対にならない。


すぐに成果を求めない!

上がるまで止めない!

それが成績アップのコツ!


正しいやり方をひたすら地道に続ける事delicious


明るく広々とした教室!


ふぇいすの教室は、明るく広々としています。

実は天井も高いんですよ。

天井が低いと、キュウクツに感じて息苦しい教室になります。

勉強は環境も大切!集中して勉強しよう!

これで成績アップも間違いなし!!


あ、先生たちも息苦しくないですよcoldsweats01


きれいになりました!

木々の散髪をして、花を植えたので、

さっぱりしました!

気持ちのいいもんです。


花を見て笑顔になりつつ、塾に入って来てくださいね。

怖い顔、しんどい顔して塾に入ってくる人も多いです。

笑顔が一番!

笑顔だと、きっといいことがあります。


テスト会や模試の結果を見ても、笑顔で・・・happy02


ふぇいすの木

ふぇいすの表看板のところにある、この木は、何の木か知ってる?

これは「ブルーベリー」


ブルーベリーにも花言葉がるけれども、何でしょうか?

「実りある人生」「信頼」「知性」などなど。

faith ふぇいすらしいでしょsmile


控えめな花が咲き、小さな実ができる。

けれども、その中に強い芯を秘めているようで素敵だと思う。


ふぇいす創立以来18年間も枯れずにがんばっています!

散髪前の画像です。


不屈の闘志!

不屈の闘志とは、この木のこと。

切っても切っても切っても切っても復活してきよる。

しかもめっちゃ成長が早い!


ふぇいすのホームページには、この木を使ったきれいな写真があるけれど、

実はこの木、勝手に生えてるだけ。(HPのトップページを見てね)


自転車をとめるのにじゃまになるので、またしても切ってやったぞ。

おそらく、来月にはまた復活していると思う。


こじつけやけど、この木のように根性出そうぜぃ!

勉強は急にはできるようにならんからね。継続が大切!!


おみやげありがとう!


中学3年生のみんなに、修学旅行のおみやげをもらいました!

どうもありがとう!

今年の修学旅行は2泊3日で行けたのでよかったね。

去年の中3生は秋に1泊2日だったからね。



おみやげ、講師の先生たちみんなでいただきます。


生徒のみんなには、お礼としてたくさんの宿題をあげるでぇ!!


塾を選ぶ!

塾を選ぶのは難しいかもしれない・・

広告宣伝の多い、よく目にする塾はちょっと敷居が高そう(値段も)・・

けど、近くの塾は評判がわからない・・


めっちゃ先生怖いかも?めっちゃレベルが低いかも?

めっちゃ教え方が悪いかも?めっちゃ先生がイケメンかも?

まぁいろいろ考えるよね。



ではその疑問に答えましょう!

怖くない、低くない、悪くない、イケメン

以上!!



とにかく、ふぇいすの中に入って、お話をしに来てください。

それから検討してみましょう!(後日の営業はしませんから!)


保護者、生徒、塾の間には信頼(faith)が必要です。

信頼はすぐには醸成されませんが、まずはお会いしてお話をしましょう。

疑問に思う事はなんでも聞いてください。

大丈夫!ふぇいすでちゃんとやれば絶対に伸びますから!!




期末テストが近づいています!

5月も半ば!

ふぇいすのあじさいも、かわいい花をつけてます。

梅雨が目の前ですが、期末テストも迫ってきたぞ!

中学1年生のみなさんは、初めての定期テスト。

準備は大丈夫かな?


定期テストって範囲も決まっているので、ある程度は

「なんとかなる」っと思っている人も多いはず。

けれども、実は「普段から実力をつける勉強をしているかどうか」がとても大切。

そういう人は、定期テストはもちろん実力も身に付いている。




勉強には「やり方」がある。魔法はないけど、「やり方」がある!

入試には期限があるので、できるだけ早いうちに「上手な勉強方法」を身に付けよう!

特に中学1年生は、今がチャンス(伸ばす期間がたくさんあるから)。

まっとうな塾で、がっつり実力を上げていこう!!


計算自慢

計算を暗算でするクセがなかなか抜けない・・

「自分は暗算でできる!」って自慢気・・オイオイ・・


先生は板書の時、計算を細かくていねいに書いている。

どうもこれは「先生は暗算ができないから」っと思っているフシがある。


「暗算でちょっとだけ早くやって、結果、バツ」と、

「計算式をちゃんと書いて、マル」と、どっちがいい?


暗算自慢の生徒は、おもしろいように間違う。


いい加減に、先生の忠告をききなさい!

面倒くさいだけやろう!

ただし、先生たちは暗算を使うところは使っているけどな!


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

TOPへ